トップページ > 阿武隈川の巻 > 河口部/亘理(わたり)大橋

阿武隈川のようすシート【河口部/亘理(わたり)大橋】


  五感で点数をつけると、
おとなの
COD値 3点 土手の緑量 3点 周囲の音 3点 水のにおい 3点 水にはいりやすさ 2点
  こどもの
COD値 3点 土手の緑量 3点 周囲の音 1点 水のにおい 3点 水にはいりやすさ 1点

点数の高い方が、いい評価です。くわしくはこちらへ。

判定の見方
 
  みんなの満足度は?
景色を楽しむ場所としてなら
1
2
3
水とふれ合える場所としてなら
1
2
子どもの遊び場としてなら
災害時の水の確保や避難場所としてなら
1
2
3
4
4笑顔…満足!
3笑顔…まあまあかな
2笑顔…う〜ん、ちょっと不満
1笑顔…なんとかしなくちゃ!

写真
▲亘理大橋。
 
  このスポットは…
阿武隈川の河口部には、環境省・日本の重要湿地500に選ばれた「鳥の海」があります。ミサゴ、海ガモ類、オグロシギなどが集まる、渡り鳥、海鳥のメッカです。1年中バードウォッチングや釣りを、夏はマリンスポーツ、アサリの潮干狩りを楽しめます。
鳥の海のそばにある荒浜海水浴場は、県内でも有名な海水浴場で、波がおだやかで砂浜も広く、家族連れに人気です。またサーフボード公認コースとして1年中若者の波乗りでにぎわっています。打ち上げ花火大会や、マラソン大会など、自然とともに季節を楽しむイベントもあります。食べものでは、はらこ飯が有名。
荒浜から阿武隈大橋まで川の両側に堤防を利用して全長15kmのサイクリングロードが造られていて、雄大な川の流れに沿って、安全で快適にサイクリングを楽しめます。さらに河口から七北田川中流の岩切まで、海沿いに仙台亘理自転車道がつながっています。



  行った人の感想
●水辺の回りは、あまりにもきたなすぎる。ごみがあまりにも目立つ。ビン、缶の投げ捨て、花火のあとしまつのわるさ。(H)
●この水辺では遊びをしたくない。この水辺で毎日でも遊べるようにするために、草をかる。遊ぶ所をつくる。(K)



  アクセス
JR常磐線で亘理駅下車、鳥の海ホーム行きバス。車なら岩沼を経て国道6号を南下。すぐ県道123号へ。

判定の見方  判定は、COD値以外は、観察した人の感じたことです。五角形のレーダーチャートは、角が外にある方(点数が高い方)が、いい状態をさしています。だから、大きくて整った五角形になればなるほど、いろんな面で川が健康といえます。
おとなとこども、季節によっても評価は変わります。あなたなら、何点つけますか?
COD値(味覚)
(川の水に十分な酸素があるかどうかを表しています)
4点=Oppm 3点=1〜5ppm 2点=6〜10ppm 1点=11ppm以上
土手の緑量(視覚) 4点=中・高木あり 3点=低木・草あり 2点=草がまばら 1点=コンクリートなど
周囲の音(聴覚) 4点=自然の音 3点=やや自然の音 2点=やや人工的な音 1点=人工的な音
水のにおい(臭覚) 4点=不快なにおいがしない 3点=少し感じる 2点= 若干臭う 1点=強く臭う
水にはいりやすさ(触覚) 4点=泳げる 3点=足まで入れる 2点=足を入れるのが難しい 1点=水汲みのみ