トップページ > 阿武隈川の巻 > 下流部/玉崎浄水場

阿武隈川のようすシート【下流部/玉崎浄水場】


  五感で点数をつけると、
おとなの
COD値 3点 土手の緑量 3点 周囲の音 2点 水のにおい 4点 水にはいりやすさ 1点
  こどもの
COD値 3点 土手の緑量 3点 周囲の音 3点 水のにおい 4点 水にはいりやすさ 1点

点数の高い方が、いい評価です。くわしくはこちらへ。

判定の見方
 
  みんなの満足度は?
景色を楽しむ場所としてなら
1
水とふれ合える場所としてなら
1
2
子どもの遊び場としてなら
1
2
3
災害時の水の確保や避難場所としてなら
1
2
4笑顔…満足!
3笑顔…まあまあかな
2笑顔…う〜ん、ちょっと不満
1笑顔…なんとかしなくちゃ!

写真
▲白石川との合流点、槻木(つきのき)。

写真
▲岩沼市の水道取水は、本当にこんな所から採っているのだ。
 
  このスポットは…
玉崎浄水場は、岩沼市内へ南部山浄水場の水を合わせて供給しています。見学もできます(情報提供:環境グループあぶく・星美津江さん)。
かつて奥州街道の宿場町・門前町として繁栄した岩沼市にあり、江戸時代から昭和初期まで盛んだった舟運のなごりの史跡(渡邊家庭園、藤場舟場跡)が近くにあります。
また阿武隈橋の近くには、川とふれ合うための資料やイベントが見つかる「学水館あぶくま」があります。無料のレンタサイクルで、学水館から河口まで川沿いに作られたサイクリングコースを回り、茅(ヨシ)原のさまざまな野鳥を観察してみましょう。
以前、工業排水、生活排水による水の汚れが問題になりましたが、流域住民や行政の努力により、最近は魚も多くなっているということです。



  行った人の感想
●岩沼市民がこの水を飲んでいるのは、びっくりしてしまう。もう少しきれいにならないものでしょうかしら。(K)
●この水辺で遊びたい遊びは、特になし。毎日でも遊べるようにするためにどうにもできない。(K)



  アクセス
JR岩沼駅より岩沼市民バスの南長谷線で自由乗降できます。玉崎浄水場前でおりて、徒歩2〜3分。車なら仙台東部道路、岩沼IC下車、約15分。

判定の見方  判定は、COD値以外は、観察した人の感じたことです。五角形のレーダーチャートは、角が外にある方(点数が高い方)が、いい状態をさしています。だから、大きくて整った五角形になればなるほど、いろんな面で川が健康といえます。
おとなとこども、季節によっても評価は変わります。あなたなら、何点つけますか?
COD値(味覚)
(川の水に十分な酸素があるかどうかを表しています)
4点=Oppm 3点=1〜5ppm 2点=6〜10ppm 1点=11ppm以上
土手の緑量(視覚) 4点=中・高木あり 3点=低木・草あり 2点=草がまばら 1点=コンクリートなど
周囲の音(聴覚) 4点=自然の音 3点=やや自然の音 2点=やや人工的な音 1点=人工的な音
水のにおい(臭覚) 4点=不快なにおいがしない 3点=少し感じる 2点= 若干臭う 1点=強く臭う
水にはいりやすさ(触覚) 4点=泳げる 3点=足まで入れる 2点=足を入れるのが難しい 1点=水汲みのみ