トップページ > 阿武隈川の巻 > 中流部/枝野橋

阿武隈川のようすシート【中流部/枝野橋】


  五感で点数をつけると、
おとなの
COD値 3点 土手の緑量 3点 周囲の音 3点 水のにおい 4点 水にはいりやすさ 2点
  こどもの

点数の高い方が、いい評価です。くわしくはこちらへ。

判定の見方
 
  みんなの満足度は?
景色を楽しむ場所としてなら
1
2
水とふれ合える場所としてなら
1
2
子どもの遊び場としてなら
1
災害時の水の確保や避難場所としてなら
1
4笑顔…満足!
3笑顔…まあまあかな
2笑顔…う〜ん、ちょっと不満
1笑顔…なんとかしなくちゃ!

写真
▲丸森付近。舟下りの船の上から台風の足跡を見ました。

写真
▲増水時の水位が書いてあります。

写真
▲枝野橋。
 
  このスポットは…
福島県境の阿武隈ラインを通り、白石川に合流する前の角田盆地あたりをゆったりと流れます。ここは古くから和歌にも詠(よ)まれ、舟運や生活用水、農業用水として、人々の生活と切り離せないものでした。
御番所跡や豪商(ごうしょう)の蔵などの歴史的施設の他、学水館あぶくま角田館、川の楽校など、自然に親しめる場所もたくさんあります。
阿武隈川ライン下りでは、さわやかな川風を受けながら夫婦岩や弘法の噴水、びょうぶ岩などの奇岩を観察したり、増水時の水位が書き込まれた護岸の高さで自然の驚異を感じたりできます。
阿武隈川いかだ下り大会、阿武隈川リバーサイドマラソン大会など恒例イベントもあります。
川に沿って走る阿武隈急行を利用して福島県側との交流もさかんで、阿武隈川は流域の人々の生活にとけ込んでいます。



  行った人の感想
●暑かった。水がけっこう汚かった(濁り)。もっと川や水辺がきれいで安全だったら、子どもたちが遊べるのに、残念だ。水辺に近づけなかったので、生き物を観察できなかった。(H)

判定の見方  判定は、COD値以外は、観察した人の感じたことです。五角形のレーダーチャートは、角が外にある方(点数が高い方)が、いい状態をさしています。だから、大きくて整った五角形になればなるほど、いろんな面で川が健康といえます。
おとなとこども、季節によっても評価は変わります。あなたなら、何点つけますか?
COD値(味覚)
(川の水に十分な酸素があるかどうかを表しています)
4点=Oppm 3点=1〜5ppm 2点=6〜10ppm 1点=11ppm以上
土手の緑量(視覚) 4点=中・高木あり 3点=低木・草あり 2点=草がまばら 1点=コンクリートなど
周囲の音(聴覚) 4点=自然の音 3点=やや自然の音 2点=やや人工的な音 1点=人工的な音
水のにおい(臭覚) 4点=不快なにおいがしない 3点=少し感じる 2点= 若干臭う 1点=強く臭う
水にはいりやすさ(触覚) 4点=泳げる 3点=足まで入れる 2点=足を入れるのが難しい 1点=水汲みのみ