トップページ > 江合川の巻

江合川の巻
江合川マップ 源流部/寒湯 源流部/寒湯 上流部/岩出山大橋 上流部/岩出山大橋 中流部(1)/藤棚橋 中流部(1)/藤棚橋 中流部(2)/桜の目橋 下流部/江合橋 下流部/江合橋  
川の名前の由来>>
川の全体像>>
歴史とくらし>>
自然と生き物>>
見どころ>>
学びどころ>>
遊びどころ>>
資料>>


 左の地図の中のかじたろうをクリックすると、その調査ポイントのページに行きます!

写真
▲寒湯(ぬるゆ)。上流方向。

写真
▲鬼首にある荒雄川神社です。

写真
▲片山地獄では、あちこちから温泉がわき出していて、お湯の川になっているところもあります。

写真
▲鳴子ダムはきれいな曲線になっていますが、日本人の手で作られた最も古いアーチ型というつくりのダムなのだそうです。
 
  川の名前の由来
鬼首(おにこうべ)にある荒雄岳(あらおだけ)が水源で、上流では荒雄川、岩出山町の「池月」あたりから「江合川」と呼ばれているようです。
昔は玉造川(たまつくりがわ)と呼ばれ、鳴子(なるこ)温泉も玉造温泉という名前でした。
玉造川や荒雄川という名前についての言い伝えなどはないようです。
江戸時代に北上川の大工事が行われ、江合川は北上川と合流するようになりました。北上川という大きな川(=「江」)に「合」流する川なので、江合川という名前がついたのではないかといわれています。


  川の全体像
鳴子町鬼首にある荒雄岳の水神という場所が水源で、片山地獄や荒湯地獄といった地熱地帯があり、そのあちこちから温泉がわき出していることで有名です。
山をぐるりと取り巻いて流れ、鳴子町の温泉地から岩出山町、古川市などを通り、河南町和渕(かなんちょうわぶち)あたりで北上川と合流する、全長約80km、流域面積577.0平方kmの一級河川です。
日本でも有数の米どころである大崎平野を流れる川で、多くの水田をうるおし、とくに米作りと関わりの深い川です。人々に大いなる恵みを与える川だといえますが、その反面「あばれ川」ともよばれた、洪水や氾らんの多い川でもあったようです。一度川があばれだすと、「人の命を取らなければおさまらない」とも言われていました。しかし、1957年に鳴子ダムができて、ようやく水害がおこらなくなりました。


  歴史とくらし
昔から人々に恵みを与え、また被害も与えた江合川ですから、人々は川の神に感謝し、またおそれていました。
江合川の別名がその名前についている「荒雄川神社」が鳴子町鬼首にあり、水の神と湯の神、それから「金華山(きんかざん)号」という馬をまつっています。昔は山伏(やまぶし)が修行するところだったそうです。
岩出山町上宮にも「荒雄川神社」があります。もともとは鬼首の荒雄岳上に神社があったといわれ、それは「奥の宮」とよばれていましたが、この神社は「里の宮」とよばれました。神宮寺というお寺もとなりにあって、この地の中心的な神社でした。
江合川の下流には36社もの荒雄川神社がありましたが、江戸時代の北上川改修工事の時に、この岩出山の荒雄川神社に一つにまとめられました。
他に、古川市伏見にも荒雄川神社があるそうです。

伊達政宗の命令で、川村孫兵衛重吉という人が、江戸時代に北上川の大工事を行い、そのときに江合川は北上川と合流しました。それによって、水害を防ぐとともに、米を運ぶ船が行き来することになり、仙台藩は江戸にたくさんの米を送ることができるようになりました。

江合川の上流には、古今和歌集の歌枕であった美豆の小島があります。松尾芭蕉も訪れたといいます。
その昔、美豆の小島は、都の人々にとってはとても気軽に行けるようなところではなかったので、みんなのあこがれの場所だったのかもしれません。


  自然と生き物
『岩出山町史 民俗生活編』には、江合川に住んでいる魚と、さまざまな魚のとり方について書いてあります。
たとえば、サケ・ヨシノボリ・モツゴ(クチボソ)・カジカ・アユ・ウグイ・オイカワ・ナマズ・ヤツメウナギ・ヤマメ・イワナ・ギンギョ(ギバチ)などです。

おもしろい魚のとり方(今では禁止されたものもあります)
・つきぜい…アミを投げて、卵を産むため浅瀬にきたウグイをとります。
・すてばり…夜の間に太いミミズをつけたはりをしかけてとります。
・ど…「ど」(竹で編んだわな)に、エサを入れて川にしかけてとります。
・つくつく…1mぐらいの竿で、川底をつつきながらつります。
・あなつき…ウナギなどのいそうな穴にエサをつけた針を入れてつります。
・きゃほず…川をせき止め、水をかき出してとります。
・すがわり…水に雪をつめこんで、苦しくなって出てきた魚をとります。
・どくもみ…魚がしびれる毒を川に流し、浮いた魚をとります。


  見どころ
○鳴子ダム(荒雄湖) ○鳴子峡 ○尿前の関 ○潟沼 ○美豆の小島 ○小黒ヶ崎 ○有備館(ゆうびかん)・城山公園 ○内川・学問の道 ○座散乱木(ざざらぎ)公園 ○緒絶(おだえ)川・緒絶橋・緒絶の館 ○城山公園・涌谷(わくや)神社


  学びどころ
○鬼首地熱発電所 ○日本こけし館 ○パレットおおさき ○吉野作造記念館・荒雄公園 ○古川市図書館


  遊びどころ
○鬼首温泉郷 ○リゾートパークオニコウベ ○荒雄湖畔公園 ○鳴子温泉 ○江合川緑地公園(鳴子町) ○東鳴子温泉 ○東鳴子公園 ○川渡温泉 ○岩出山河川敷公園・感覚ミュージアム ○新江合川緑地公園(古川市)


  資料
○『岩出山町史 民俗生活編』(2000年9月) ○『聞き書き 秘境 鬼首物語』(郷右近忠男・創栄出版・1998年4月)

その他、次のタイトルのホームページを参考にしました。
○国土交通省・東北地方整備局 ○国土交通省・河川局 ○河川ネット ○北上川下流工事事務所 ○宮城県土木部河川課 ○石巻産業振興事務所 ○鳴子温泉郷 ○岩出山町役場ウェブページ  ○囲炉裏夜話過去ログNo.301 ○蝦夷 陸奥 歌枕