トップページ > 迫川の巻 > 湖沼・伊豆沼(いずぬま)/野鳥観察館あたり

迫川のようすシート【湖沼・伊豆沼(いずぬま)/野鳥観察館あたり】


  五感で点数をつけると、
おとなの
COD値 2点 土手の緑量 4点 周囲の音 4点 水のにおい 2点 水にはいりやすさ 1点
  こどもの
COD値 2点 土手の緑量 4点 周囲の音 4点 水のにおい 3点 水にはいりやすさ 1点

点数の高い方が、いい評価です。くわしくはこちらへ。

判定の見方
 
  みんなの満足度は?
景色を楽しむ場所としてなら
1
2
3
水とふれ合える場所としてなら
1
子どもの遊び場としてなら
1
災害時の水の確保や避難場所としてなら
1
4笑顔…満足!
3笑顔…まあまあかな
2笑顔…う〜ん、ちょっと不満
1笑顔…なんとかしなくちゃ!

写真
▲迫町伊豆沼・内沼サンクチュアリセンター淡水魚館。

写真
▲観察場所の伊豆沼野鳥観察館前。

写真
▲増水していました。

写真
▲対岸の宮城県伊豆沼・内沼サンクチュアリセンター付近。

写真
▲ハスの群生。
 
  このスポットは…
日本で2番目にラムサール条約登録湿地となった伊豆沼は、冬はたくさんの渡り鳥が飛来する自然の宝庫。
沼のまわりには野鳥観察館や、サンクチュアリセンターなど観察や学習のための施設も多く、水質調査のほかいろいろと学習したり、体験することができます。
近年、ブラックバスなど外来種の増加により、在来種の減少など生態系の破壊や、えさや有機物による汚染が心配されています。
長沼の風車もおすすめスポットです。



  行った人の感想
●降雨による増水のため、伊豆沼にそそぐ川では土手に降りることができなかった。また流れもなく、にごりと水の臭いが気になった。沼の水が増水しており、水がにごっていたので残念でした。傷ついた白鳥が5〜6羽、カモ等がおり、内沼にも1羽白鳥が残っていて、ともに保護できる環境にあり、よかったと思いました。(T)

●参加した皆のデータが集まり、宮城の自然の一端を見れることが楽しみ。(T)

●子どものころよく見ていたシオカラトンボに出会えて、うれしかった。(T)

●水質の指標COD値が高く、いまだ水質浄化の途上であることをうかがわせます。今年発表された県のダイオキシン調査では、県内で最も汚染度の高い沼であったと記憶していますが、早急な原因究明と浄化対策が待たれるところです。
湿地保護の目的で、葦(ヨシ)の群落や水質浄化のためのマコモの植付けで、沼の水と直接ふれあえる空間がなくなったのは残念です。観光と環境保全が相反することのないよう望みます。(Y)

●サンクチュアリセンターは、めだかなどの生き物がいて、たいへんおもしろい!!(S)


  アクセス
東北本線「新田駅」下車。徒歩約5分。東北縦貫道「築館IC」から約15分。

判定の見方  判定は、COD値以外は、観察した人の感じたことです。五角形のレーダーチャートは、角が外にある方(点数が高い方)が、いい状態をさしています。だから、大きくて整った五角形になればなるほど、いろんな面で川が健康といえます。
おとなとこども、季節によっても評価は変わります。あなたなら、何点つけますか?
COD値(味覚)
(川の水に十分な酸素があるかどうかを表しています)
4点=Oppm 3点=1〜5ppm 2点=6〜10ppm 1点=11ppm以上
土手の緑量(視覚) 4点=中・高木あり 3点=低木・草あり 2点=草がまばら 1点=コンクリートなど
周囲の音(聴覚) 4点=自然の音 3点=やや自然の音 2点=やや人工的な音 1点=人工的な音
水のにおい(臭覚) 4点=不快なにおいがしない 3点=少し感じる 2点= 若干臭う 1点=強く臭う
水にはいりやすさ(触覚) 4点=泳げる 3点=足まで入れる 2点=足を入れるのが難しい 1点=水汲みのみ