トップページ > 迫川の巻 > 中流部/鹿ヶ城(ししがじょう)大橋あたり

迫川のようすシート【中流部/鹿ヶ城(ししがじょう)大橋あたり】


  五感で点数をつけると、
おとなの
COD値 2点 土手の緑量 3点 周囲の音 2点 水のにおい 3点 水にはいりやすさ 2点
  こどもの

点数の高い方が、いい評価です。くわしくはこちらへ。

判定の見方
 
  みんなの満足度は?
景色を楽しむ場所としてなら
1
2
3
水とふれ合える場所としてなら
1
2
3
子どもの遊び場としてなら
1
災害時の水の確保や避難場所としてなら
1
2
4笑顔…満足!
3笑顔…まあまあかな
2笑顔…う〜ん、ちょっと不満
1笑顔…なんとかしなくちゃ!

写真
▲上流に向かって錦橋(手前)と、鹿ヶ城大橋(奥)が見えます。

写真
▲錦橋の河川公園には、堤防や横引きゲートなど、入念な洪水対策がほどこしてあります。

写真
▲佐沼大橋から下流に向かって。

 
  このスポットは…
佐沼城は城をつくるときに守り神として鹿(しか)を生き埋めにしたことから、別名「鹿ヶ城(ししがじょう)」と呼ばれています。佐沼城の跡地である鹿ヶ城公園では、春には桜祭りが楽しめます。
鹿ヶ城橋の手前では、ラムサール条約の登録湿地として有名な、伊豆沼を経由した荒川が迫川と合流しています。荒川地域は低くて平らな水田地域で、迫川の背水(逆流水)の影響を直接的に受ける内水地域ですが、そもそも迫川の中・下流部も低平地にあり、北上川の背水の影響を受け、ひとたび洪水になると川沿いは大きな被害が出ます。北上川へ合流する河口から50km地点の標高を見ると、迫川は7m程しかありません。県内でも有数の穀倉地帯であるこの地域で、迫川は生活や農業用水に活用されてきました。しかし、水害の常習地域でもあることから、県内屈指の難治河川と言われているそうです。
※ラムサール条約=水鳥の生息地として国際的に大切な湿地を守るための条約。


  行った人の感想
●予想していたよりもCOD値が高かったので、少し残念でした。白鳥の飛来する川なので、外観だけでなく水質もきれいな川であってほしいと思います。(S)

判定の見方  判定は、COD値以外は、観察した人の感じたことです。五角形のレーダーチャートは、角が外にある方(点数が高い方)が、いい状態をさしています。だから、大きくて整った五角形になればなるほど、いろんな面で川が健康といえます。
おとなとこども、季節によっても評価は変わります。あなたなら、何点つけますか?
COD値(味覚)
(川の水に十分な酸素があるかどうかを表しています)
4点=Oppm 3点=1〜5ppm 2点=6〜10ppm 1点=11ppm以上
土手の緑量(視覚) 4点=中・高木あり 3点=低木・草あり 2点=草がまばら 1点=コンクリートなど
周囲の音(聴覚) 4点=自然の音 3点=やや自然の音 2点=やや人工的な音 1点=人工的な音
水のにおい(臭覚) 4点=不快なにおいがしない 3点=少し感じる 2点= 若干臭う 1点=強く臭う
水にはいりやすさ(触覚) 4点=泳げる 3点=足まで入れる 2点=足を入れるのが難しい 1点=水汲みのみ