トップページ > 広瀬川の巻 > 中流部(2)/愛宕(あたご)大橋

広瀬川のようすシート【中流部(2)/愛宕(あたご)大橋】


  五感で点数をつけると、
おとなの
COD値 3点 土手の緑量 3点 周囲の音 2点 水のにおい 3点 水にはいりやすさ 1点
  こどもの
COD値 3点 土手の緑量 3点 周囲の音 2点 水のにおい 3点 水にはいりやすさ 2点

点数の高い方が、いい評価です。くわしくはこちらへ。

判定の見方
 
  みんなの満足度は?
景色を楽しむ場所としてなら
1
2
水とふれ合える場所としてなら
1
子どもの遊び場としてなら
1
災害時の水の確保や避難場所としてなら
1
4笑顔…満足!
3笑顔…まあまあかな
2笑顔…う〜ん、ちょっと不満
1笑顔…なんとかしなくちゃ!

写真
▲愛宕大橋の少し上流、米ヶ袋の、遊歩道のある河川敷。

写真
▲愛宕大橋の下。
 
  このスポットは…
少し上流の右岸にある竜ノ口(たつのくち)渓谷は、青葉山のいくつかの沢の中でも特に深い峡谷です。 竜ノ口沢は昔、宮沢橋あたりで合流していましたが、広瀬川がどんどん崖(がけ)を削り曲がって、今の位置に変えてしまいました。高い位置にあったため、滝になり、川底を削ってどんどん上流に移動してしまいました。 鹿落坂(ししおちざか)の崖は、霊屋(おたまや)橋下流にあります。ここでは、大きくずれた段層が見られます。
愛宕大橋上流の片平市民センター内に広瀬川自然展示コーナーがあり、広瀬川散策や自然観察の拠点として使えます。 浄化運動の成果で、山地の渓流を好むカジカガエルが見られることもあったようです。



  行った人の感想
●川の水は思ったよりきれいなのに、せっかくの遊歩道に犬のフンが多いのが残念です(個人では拾いきらない程たくさん)。 家から数分の所なのですが、ほとんど歩くことがない所です。涼しくなったらゆっくり散歩してみようと思いました。(H)
●犬のフンなどをなくせば、遊べる。(H)



  アクセス
地下鉄愛宕橋駅から徒歩3分。

判定の見方  判定は、COD値以外は、観察した人の感じたことです。五角形のレーダーチャートは、角が外にある方(点数が高い方)が、いい状態をさしています。だから、大きくて整った五角形になればなるほど、いろんな面で川が健康といえます。
おとなとこども、季節によっても評価は変わります。あなたなら、何点つけますか?
COD値(味覚)
(川の水に十分な酸素があるかどうかを表しています)
4点=Oppm 3点=1〜5ppm 2点=6〜10ppm 1点=11ppm以上
土手の緑量(視覚) 4点=中・高木あり 3点=低木・草あり 2点=草がまばら 1点=コンクリートなど
周囲の音(聴覚) 4点=自然の音 3点=やや自然の音 2点=やや人工的な音 1点=人工的な音
水のにおい(臭覚) 4点=不快なにおいがしない 3点=少し感じる 2点= 若干臭う 1点=強く臭う
水にはいりやすさ(触覚) 4点=泳げる 3点=足まで入れる 2点=足を入れるのが難しい 1点=水汲みのみ