トップページ > 七北田川の巻 > 河口部/蒲生干潟

七北田川のようすシート【河口部/蒲生干潟】


  五感で点数をつけると、
おとなの
COD値 3点 土手の緑量 2点 周囲の音 3点 水のにおい 3点 水にはいりやすさ 3点
  こどもの
COD値 3点 土手の緑量 3点 周囲の音 4点 水のにおい 3点 水にはいりやすさ 3点

点数の高い方が、いい評価です。くわしくはこちらへ。

判定の見方
 
  みんなの満足度は?
景色を楽しむ場所としてなら
1
2
3
4
水とふれ合える場所としてなら
1
2
3
 
子どもの遊び場としてなら
1
2
3
 
災害時の水の確保や避難場所としてなら
1
     
4笑顔…満足!
3笑顔…まあまあかな
2笑顔…う〜ん、ちょっと不満
1笑顔…なんとかしなくちゃ!

写真
▲梅田川からの合流点。干潟と交わっているところに、カニがたくさんいました。

写真
▲日和山から見る蒲生干潟。

写真
▲蒲生干潟入り口近くの、日和山の看板。
 
  このスポットは…
  渡り鳥の飛来中継地として有名な干潟で、野鳥を観察できます。いつも、カレイやボラの魚釣りをする人たちを見かけます。水辺は茅(ヨシ)原が広がり、湿地帯で、流木やゴミも目立ちます。 バーベキューや芋煮(いもに)、ボール遊びなどには不向き。干潟の野鳥を観察するのは、日和山(ひよりやま)の上がベストです。この日和山は、日本一低い山として登録された当時のままの看板が出ていますが、現在の登録では日本で3番目に低い山。 干潟ではチゴガニやゴカイなど海辺の生物やヨシなど海辺の植物を観察したり、魚釣りを楽しめます。蒲生海岸にも、野鳥の会や、蒲生干潟を守る会などたくさんの人、グループが関わって観察やゴミ拾いなどの活動を続けています。


  行った人の感想
●釣り人が多いためか、河原にゴミがいっぱいあった。満潮時の測定となってしまったのは、失敗だった。見た目の汚さとはちがってCOD値が低かった。(S)
●満潮に近い時間だったので、COD値は確定できないと思ったが、周りの環境調査をした。海に近いこともあって、環境はいいのにゴミが多く、もっとしっかり整備するか、もっと自然のままにするかしたらいいと思った。(N)



  アクセス
仙台市営バス蒲生線終点。

判定の見方  判定は、COD値以外は、観察した人の感じたことです。五角形のレーダーチャートは、角が外にある方(点数が高い方)が、いい状態をさしています。だから、大きくて整った五角形になればなるほど、いろんな面で川が健康といえます。
おとなとこども、季節によっても評価は変わります。あなたなら、何点つけますか?
COD値(味覚)
(川の水に十分な酸素があるかどうかを表しています)
4点=Oppm 3点=1〜5ppm 2点=6〜10ppm 1点=11ppm以上
土手の緑量(視覚) 4点=中・高木あり 3点=低木・草あり 2点=草がまばら 1点=コンクリートなど
周囲の音(聴覚) 4点=自然の音 3点=やや自然の音 2点=やや人工的な音 1点=人工的な音
水のにおい(臭覚) 4点=不快なにおいがしない 3点=少し感じる 2点= 若干臭う 1点=強く臭う
水にはいりやすさ(触覚) 4点=泳げる 3点=足まで入れる 2点=足を入れるのが難しい 1点=水汲みのみ