トップページ > 七北田川の巻 > 下流部/高砂大橋

七北田川のようすシート【下流部/高砂大橋】


  五感で点数をつけると、
おとなの
COD値 2点 土手の緑量 1点 周囲の音 1点 水のにおい 3点 水にはいりやすさ 1点
  こどもの
COD値 2点 土手の緑量 3点 周囲の音 2点 水のにおい 3点 水にはいりやすさ 2点

点数の高い方が、いい評価です。くわしくはこちらへ。

判定の見方
 
  みんなの満足度は?
景色を楽しむ場所としてなら
1
2
3
4
水とふれ合える場所としてなら
1
2
3
 
子どもの遊び場としてなら
1
2
3
 
災害時の水の確保や避難場所としてなら
1
2
3
4
4笑顔…満足!
3笑顔…まあまあかな
2笑顔…う〜ん、ちょっと不満
1笑顔…なんとかしなくちゃ!

写真
▲下流部:高砂橋あたりのサイクリングロード

写真
▲岩切のあたりから上流に向かって。 写真左手の土手ぞいに、魚道(ぎょどう)があるのがわかります。堰で水のかんがい利用と、生き物の共生の方法です。
 
  このスポットは…
河口に近い下流部にあたります。中流の岩切から、このポイントの脇(わき)を通って河口まで、サイクリングロードが続いています。この仙台亘理(わたり)自転車道は、七北田川河口部でつながる貞山堀(ていざんぼり)を経由して亘理まで通っているもの。七北田川をのぞきながら、住宅街や公園、田園地帯などをゆっくりと楽しめるコースです。高砂大橋、宮城野大橋などの交通量の多い橋を渡る時は、少し注意が必要です。 釣り人はいつも見かけますが、河原はあまり広くありません。河原まで降りるときは、子どもは大人といっしょに出かけましょう。 少し上流の岩切大橋の所で、2002年の夏、ケガをした白鳥が夏を越したようです。


  行った人の感想
●説明書の読み方が甘く、干潮時に調べなければならないところを、満潮で調べてしまった。(I)
●測定中に橋の上から誰かが何かを落とした。足もとを見ると、爆竹だった。とっさに逃げた。「危ないでしょ!」と叫んだが、車の音にかき消された。 橋の下は危険がいっぱいだ。子どもにあたらなくてよかった。(I)



  アクセス
仙台市交通局前または仙台駅前から仙台市営バス蒲生線キリンビール行きに乗り、高砂大橋で降りる。

判定の見方  判定は、COD値以外は、観察した人の感じたことです。五角形のレーダーチャートは、角が外にある方(点数が高い方)が、いい状態をさしています。だから、大きくて整った五角形になればなるほど、いろんな面で川が健康といえます。
おとなとこども、季節によっても評価は変わります。あなたなら、何点つけますか?
COD値(味覚)
(川の水に十分な酸素があるかどうかを表しています)
4点=Oppm 3点=1〜5ppm 2点=6〜10ppm 1点=11ppm以上
土手の緑量(視覚) 4点=中・高木あり 3点=低木・草あり 2点=草がまばら 1点=コンクリートなど
周囲の音(聴覚) 4点=自然の音 3点=やや自然の音 2点=やや人工的な音 1点=人工的な音
水のにおい(臭覚) 4点=不快なにおいがしない 3点=少し感じる 2点= 若干臭う 1点=強く臭う
水にはいりやすさ(触覚) 4点=泳げる 3点=足まで入れる 2点=足を入れるのが難しい 1点=水汲みのみ