トップページ > 七北田川の巻

七北田川の巻
七北田川マップ 下流部/高砂大橋 下流部/高砂大橋 河口部/蒲生干潟 河口部/蒲生干潟 中流部/七北田公園 中流部/七北田公園 上流部/川崎橋・泉川崎バス停横 上流部/川崎橋・泉川崎バス停横 源流部/水神 源流部/水神  
川の名前の由来>>
川の全体像>>
歴史とくらし>>
自然と生き物>>
見どころ>>
学びどころ>>
遊びどころ>>
資料>>


 左の地図の中のかじたろうをクリックすると、その調査ポイントのページに行きます!

写真
▲泉ヶ岳頂上。この山から、七北田川は始まります。

写真
▲源流(ヒザ川)にある水神の石碑。

写真
▲ヒザ川の水神付近。(写真:「泉ケ岳の自然と七北田川の清流を守る会」渡辺美智子さん提供)

写真
▲上流部:七北田ダム(写真:MELON提供)

写真
▲中流部:宝堰橋と城前大橋の中間地点

写真
▲サイクリングロード沿いで。
写真
▲河口部:河口左岸から下流に向かって撮影。釣り人と右岸に公園。

写真
▲南蒲生浄化センター。
 
  川の名前の由来
安永風土記には、奥州街道の宿場を作った所から北に、七つの村があったことから「七北田」の名前がついた、と書かれています。
また、七北田川は「冠川(かむりがわ)」とも呼ばれていて、その由来は、神が降り立った神居川(かむいがわ)という説や、坂上田村麻呂(あるいは源頼朝)が、今市橋から強風に冠を
飛ばされて流されたことから、という説があります。


  川の全体像
水源は泉ヶ岳。南に流れるヒザ川から七北田ダムの方に流れる川が七北田川と呼ばれ、源流部には水神があります。南東に流れるのが長谷倉川。清川と合流し、川崎橋あたりで七北田川と合流します。
数本の川と合流した七北田川は、実沢(さねざわ)あたりから曲がりくねりながら、蒲生干潟(がもうひがた)、大平洋へと注いでいます。
長さは42km、七北田ダムはかんがい用に毎秒6.3トン、上水道用に毎秒約0.6トン利用されています。


  歴史とくらし
昭和の初めころまでは、水量が多くきれいな川でした。馬の洗い場でもあり、馬の背中までつかったそうです。
河原は野菜洗いや洗濯に利用され、人々の社交場でもありました。また、出羽三山講や伊勢講の人々の清めの場でもありました。
しかし、七北田橋の右岸河原付近は水害がよくおこり、昭和22年の大きな水害のあと、堤防が築かれました。


  自然と生き物
源流の泉ケ岳は、山頂から亜高山落葉低木林で、水神から少年自然の家あたりは、ミズナラ林です。泉ヶ岳スキー場の下に広がる、芳の平の湿地にあるミズバショウの群落と湿原植物も有名です。
中流部は、低地には畑が、丘陵地には果樹園があり、段丘には水田が広がっています。
動物では、特別天然記念物のニホンカモシカ、ツキノワグマなどもいます。
河口部の蒲生干潟では、シギ、チドリなど多くの渡り鳥が観察できます。
昆虫はハッチョウトンボやゲンジボタルの発生地があるほか、ヒメギフチョウや、国の蝶であるオオムラサキなどがすんでいます。


  見どころ
○洞雲寺(日本三山寺のひとつ) ○二柱神社 ○賀茂神社 ○光明の滝 ○笈分阿弥陀像 ○鷲倉神社(古道) ○栽松院の松 ○根白石小学校(明治の建築物) ○岩切幹線水路 ○高柳遺跡(縄文時代中ごろのもの) ○赤生津遺跡(七北田公園西端)


  学びどころ
○宮城県図書館 ○仙台市科学館 ○ミルポートS(仙台市泉図書館、仙台市こども宇宙館)


  遊びどころ
○七北田公園 ○仙台スタジアム ○泉ケ岳ロッジ ○泉ケ岳少年自然の家 ○泉ケ岳スキー場 ○泉ケ岳勤労者野外センター ○蒲生干潟 ○泉ボタニカルガーデン


  資料
○仙台市泉市民センター「はっけん七北田」 ○新しい杜の都づくり泉区協議会「泉のふるさと-七北田」(1995年) ○木村孝文「仙台・泉の散歩手帳」(宝文堂) ○泉市教育委員会「ふるさと泉市の自然」(昭和57年度版) ○関根一郎「仙台・川と橋の物語」(創栄出版) ○仙台市区役所「ウォッチング・いずみ」「泉まるごとマップ」 ○日本河川協会編「1998 日本河川水質年鑑」(山海堂)

その他、次のタイトルのホームページを参考にしました。

MELON七北田川マップ