トップページ > 鳴瀬川の巻 > 上流部/水沼橋

鳴瀬川のようすシート【上流部/水沼橋】


  五感で点数をつけると、
おとなの
COD値 3点 土手の緑量 3点 周囲の音 2点 水のにおい 2点 水にはいりやすさ 1点
  こどもの
COD値 3点 土手の緑量 4点 周囲の音 3点 水のにおい 4点 水にはいりやすさ 2点

点数の高い方が、いい評価です。くわしくはこちらへ。

判定の見方
 
  みんなの満足度は?
景色を楽しむ場所としてなら
1
2
3
水とふれ合える場所としてなら
1
子どもの遊び場としてなら
1
災害時の水の確保や避難場所としてなら
1
2
 
4笑顔…満足!
3笑顔…まあまあかな
2笑顔…う〜ん、ちょっと不満
1笑顔…なんとかしなくちゃ!

写真
▲水沼橋全景、南方向。この先が薬莱山。

写真
▲橋の欄干(らんかん)には、鹿の彫刻が。

写真
▲鳴瀬川から用水路が分流しています。

写真
▲荒沢の滝。鳴瀬川の支流大滝川にある大きな滝で、下から見ると三段になっています。

写真
▲荒沢の源流部のミズバショウ公園。この植物を町花で天然記念物とした小野田町は2003年4月に中新田町、宮崎町と合併して加美町となりました。
 
  このスポットは…
加美富士ともいわれる薬莱山(やくらいさん)のふもとにあり、雄大な自然が残る場所。秋には芋煮(いもに)もできます。ここからすぐ南方に薬莱高原があり、風光明媚(ふうこうめいび)な自然と友だちになれます。 この山を源流とする支流大滝川の源流部には、ミズバショウの群せい地、上流には大滝(荒沢の滝)やキャンプ場があり、鳴瀬川水系の豊かさをたっぷり味わうことができます。


  行った人の感想
●途中から雨が降ってきてしまい、ここでは急いで調査を行いました。水沼大橋へと移動する際には三本木町を通り、車内から見事な桜を見ることができました。(S)
●雨のため、川原に下りられず残念。家族で水辺を楽しむなら、ミズバショウで有名な荒沢(あらさわ)遊歩道や大滝農村公園がおすすめです。また、やくらい高原はハーブガーデンやレストラン、コテージ、プール、スキー場、土産センターなどが充実していて、家族で楽しめます。薬莱山の雄姿や桜並木が感動的でした。(O)



  アクセス
東北自動車道・古川ICから国道347号線に入り、薬師の湯方面。

判定の見方  判定は、COD値以外は、観察した人の感じたことです。五角形のレーダーチャートは、角が外にある方(点数が高い方)が、いい状態をさしています。だから、大きくて整った五角形になればなるほど、いろんな面で川が健康といえます。
おとなとこども、季節によっても評価は変わります。あなたなら、何点つけますか?
COD値(味覚)
(川の水に十分な酸素があるかどうかを表しています)
4点=Oppm 3点=1〜5ppm 2点=6〜10ppm 1点=11ppm以上
土手の緑量(視覚) 4点=中・高木あり 3点=低木・草あり 2点=草がまばら 1点=コンクリートなど
周囲の音(聴覚) 4点=自然の音 3点=やや自然の音 2点=やや人工的な音 1点=人工的な音
水のにおい(臭覚) 4点=不快なにおいがしない 3点=少し感じる 2点= 若干臭う 1点=強く臭う
水にはいりやすさ(触覚) 4点=泳げる 3点=足まで入れる 2点=足を入れるのが難しい 1点=水汲みのみ