トップページ > 鳴瀬川の巻

鳴瀬川の巻
鳴瀬川マップ 支流・唐府沢(からふざわ)川/漆沢渓流センターあたり 支流・唐府沢(からふざわ)川/漆沢渓流センターあたり 上流部/水沼橋 上流部/水沼橋 中流部/支田橋・水辺の楽校 中流部/支田橋・水辺の楽校 下流部/小野橋 下流部/小野橋  
川の名前の由来>>
川の全体像>>
歴史とくらし>>
見どころ>>
学びどころ>>
遊びどころ>>
資料>>


 左の地図の中のかじたろうをクリックすると、その調査ポイントのページに行きます!

写真
▲唐府沢川の測定地点から上流方向。

写真
▲冬になると、鳴瀬川にはカモ、ハクチョウなどたくさんの渡り鳥が飛来します。

写真
▲あゆの里公園の少し上にある梁(やな)。右手から上ってきたアユが竹の梁に入り、捕まえられるしくみ。

写真
▲三本木の河川敷と館山公園。桜の木がたくさんある名所です。

写真
▲下伊場野水辺の楽校。

写真
▲新しくできた河口の一部。奥の流れは本来なかったもの。奥の小高い山が波に削られてできました。水辺の木は山の上にあったもの。その近くにハマナスの自生地がありますが、もう少しでなくなろうとしています。

写真
▲上河原頭首工。

写真
▲上河原頭首工。

写真
▲小野橋から下流を見る。

写真
▲本当の河口はここ。両側の石は、明治の野蒜築港の跡。米などを積んだ船を通し、貿易を盛んにしようとしたようです。写真は、台風によって、工事を行った所が破壊され、残ったもの。

写真
▲北上運河が、鳴瀬川に合流するところ。砂が堆積してしまい、航路がとても狭くなったようです

※写真に出てくる「頭首工(とうしゅこう)」とは、川に堰(せき)を作って水を取り入れる施設のことです。
 
  川の名前の由来
その昔、鹿島神社(中新田町四日市場)に奉仕する社坊に成瀬寺というお寺があり、この近くを流れる川を「成瀬川」と呼ぶようになり、のちに「成る」が「鳴る」に変化したといわれています。また、川が音を立てて流れるようすを表した古語「ナルセロ」が変化して、「ナルセ」と呼ばれるようになったという説もあります。


  川の全体像
鳴瀬川は、宮城と山形の県境にそびえる船形山(標高1,500m)が源で、東へと下りながら、田川、多田川、新江合川などと合流し、大崎平野を流れていきます。 また、北泉ヶ岳から流れる右支川・吉田川とも、鹿島台町で寄り添いながら流れ、鳴瀬町で合流し、石巻湾に注いでいます。
長さ89km、流域面積1,130平方kmの、宮城県内有数の一級河川です。宮城県内の流域には、古川市をはじめ1市19町1村の約36万人が生活しています。

鳴瀬川と吉田川の合流地点は、川幅もあり雄大です。海に近づくところで、北上運河も合流します。しかし、本当の河口部分は、とても狭いものです。 向こう岸に見える緑地の部分には、鳴瀬町の花、ハマナスの自生地がありますが、2001年あたりからこの地点で波の浸食が著しく進んでいます。 ハマナスが絶滅するのではないかと、ボランティアグループ「なるせの水と緑を守る会」のメンバーたちは、心配しています。


  歴史とくらし
鳴瀬川流域には、古くから人々がくらしており、藩政時代には鳴瀬川を利用した舟運(しゅううん)が発達しました。 明治時代になると、北上川と阿武隈川を貞山(ていざん)運河で結び、鳴瀬川の河口に、本格的な国際貿易港「野蒜(のびる)築港」を造り、物流・経済の拠点づくりを目指しました。 ところが、自然災害や財政難に何度もみまわれ、計画は中止せざるをえなくなりました。

鳴瀬川の下流域にあたる鹿島台町あたりは低地帯で、その昔「品井沼」という沼(遊水池)がありました。人々が生活や農業をするには、むいていない土地でした。 その品井沼を、仙台藩主伊達政宗が、埋め立てて農地にしようという大がかりな干拓事業を行い、現在のような、県内有数の穀倉地帯となったのです。
しかし、鳴瀬川と吉田川が横並びで流れ、河川の傾斜のゆるいこの地域は、いつも洪水がおこる地帯となっており、今でもけんめいの治水対策が続けられています。


国土交通省●北上川下流河川事務所「北上川●鳴瀬川概要と歴史」
http://www.thr.mlit.go.jp/karyuu/02monoshiri_menu/rekishi_gaiyou/rekishi_index.htm
kasen.net 高城川トンネル(明治潜穴)
http://www.kasen.net/pref/04miyagi/takagi/meiji/

  見どころ
○唐府滝 ○漆沢ダム ○薬莱山 ○墨雪墨絵美術館 ○東北陶磁文化館 ○縄文芸術館 ○あゆの里物産館 ○バッハホール ○嵯峨渓 ○大高森 ○鳴瀬堰 ○野蒜築港跡 ○明治潜穴公園


  学びどころ
○鎌田記念ホール(品井沼干拓の歴史とそれに携わったわらじ村長こと鎌田三之助村長の展示室があります) ○縄文村歴史資料館


  遊びどころ
○やくらいスキー場 ○薬師の湯 ○あゆの里公園 ○阿久戸河川公園 ○鎌田記念ホール「ポルパル」 ○道の駅「三本木」 ○桜づつみ公園 ○ひまわりの丘 ○鶴頭公園 ○下伊場野「水辺の楽校」 ○松山城跡 ○コスモス公園 ○公営ステーキハウスふるさと ○長松園森林公園 ○野蒜海岸


  資料
次のタイトルのホームページを参考にしました。
○日本の川と災害 ○川の物知りMENU歴史館 ○MELON鳴瀬川マップ