トップページ > 名取川の巻 > 上流部(1)/姉滝あたり

名取川のようすシート【上流部(1)/姉滝あたり】


  五感で点数をつけると、
おとなの
COD値 3点 土手の緑量 4点 周囲の音 4点 水のにおい 3点 水にはいりやすさ 3点
  こどもの
COD値 3点 土手の緑量 4点 周囲の音 4点 水のにおい 4点 水にはいりやすさ 3点

点数の高い方が、いい評価です。くわしくはこちらへ。

判定の見方
 
  みんなの満足度は?
景色を楽しむ場所としてなら
1
2
3
4
水とふれ合える場所としてなら
1
2
3
4
子どもの遊び場としてなら
1
2
3
災害時の水の確保や避難場所としてなら
1
2
 
4笑顔…満足!
3笑顔…まあまあかな
2笑顔…う〜ん、ちょっと不満
1笑顔…なんとかしなくちゃ!

写真
▲初秋の妹滝。

写真
▲二口キャンプ場。下流では水遊びやバーベキューができます。

写真
▲二口キャンプ場の測定地点。
 
  このスポットは…
山形県境に近い、名取川の源流から少し下流の景勝地で、一帯は県立自然公園に指定されています。 二口(ふたくち)キャンプ場と、国の天然記念物に指定された姉滝とは、歩いて10分ほどの距離。そこから少し足をのばすと、磐司岩(ばんじいわ)と呼ばれる高さ100mもの断崖絶壁が続いています。 二口渓谷の川原は、バーベキューや芋煮(いもに)をしながら水辺の新緑や紅葉を楽しむグループでにぎわいます。キャンプ場を使う時は、隣の秋保(あきう)ビジターセンターで入場料を払います。水を汚さないようにして、ゴミは持ち帰りましょう。水辺は岩が多く、狭く急な流れですが、とてもきれい。生き物もたくさん見つかります。 心地よい水辺で遊んだら、ビジターセンターで秋保の自然や生き物についてもっと調べてみましょう。(入場無料)


  行った人の感想
●遊歩道ゾーンの落葉の、足にやさしい感触にもほっとする感じ。水の音、木立のたたずまい、周辺は整備されつつも自然の鼓動が十分伝わる。
●石にコケが生えないくらいきれいな水でした。石や木の葉に両生類の卵がたくさん見つかりました。カワゲラと思われる大きな水生生物もいました。夏に水遊びをしたいところです。
●残された自然は素晴らしく、水質も想像通りでした。今後は観光化との板ばさみが予想され、いかにこの環境を残してゆくか、私たちの責任は重いと感じました。
●雑木林が深く、秋の紅葉を楽しめました。水が常に綺麗な川は汚れたものを分解するバクテリアが少なく、活動がしずらいので川を汚してはいけないことを知りました。流れも速く、川底まで見えていてすがすがしい気持ちにひたれました。

判定の見方  判定は、COD値以外は、観察した人の感じたことです。五角形のレーダーチャートは、角が外にある方(点数が高い方)が、いい状態をさしています。だから、大きくて整った五角形になればなるほど、いろんな面で川が健康といえます。
おとなとこども、季節によっても評価は変わります。あなたなら、何点つけますか?
COD値(味覚)
(川の水に十分な酸素があるかどうかを表しています)
4点=Oppm 3点=1〜5ppm 2点=6〜10ppm 1点=11ppm以上
土手の緑量(視覚) 4点=中・高木あり 3点=低木・草あり 2点=草がまばら 1点=コンクリートなど
周囲の音(聴覚) 4点=自然の音 3点=やや自然の音 2点=やや人工的な音 1点=人工的な音
水のにおい(臭覚) 4点=不快なにおいがしない 3点=少し感じる 2点= 若干臭う 1点=強く臭う
水にはいりやすさ(触覚) 4点=泳げる 3点=足まで入れる 2点=足を入れるのが難しい 1点=水汲みのみ