トップページ > 名取川の巻

名取川の巻
名取川マップ 湖沼/釜房(かまふさ)湖 中流部(2)/名取橋 中流部(2)/名取橋 湖沼/釜房(かまふさ)湖 上流部(2)/秋保大滝 上流部(2)/秋保大滝 中流部(1)/赤石橋 中流部(1)/赤石橋 河口部/閖上(ゆりあげ) 河口部/閖上(ゆりあげ) 上流部(1)/姉滝 上流部(1)/姉滝  
川の名前の由来>>
川の全体像>>
歴史とくらし>>
自然と生き物>>
見どころ>>
学びどころ>>
遊びどころ>>
資料>>


 左の地図の中のかじたろうをクリックすると、その調査ポイントのページに行きます!

写真
▲段に当たりながら落ちる妹滝は、優しい表情。すぐ近くの姉滝はちょっと豪快。合わせて「姉妹滝」といわれています。

写真
▲秋保大滝不動尊を抜けると、秋保大滝を見下ろす滝見台があります。

写真
▲かんかね温泉入り口あたりで、親子が水遊び。

写真
▲のぞき橋(秋保温泉あたり)で調査中。

写真
▲のぞき橋下流。

写真
▲釜房ダム。

写真
▲太白大橋。

写真
▲閖上大橋下。

写真
▲貞山運河の調査地点。
 
  川の名前の由来
名取川が流れる名取地方は、湿地の意味のアイヌ語「ヌタトリ」から、丹取(にとり)と呼ばれるようになったという説があります。 名取川にかかわる狂言や、名取川を詠んだ歌も多く、古くは平安前期の「和名妙」にもその名が見られます。 また、名取川の上流、秋保(あきう、あきゅう)の名も古くから知られており、「古今和歌集」や「新古今和歌集」などにも「秋保の里」とうたわれています。秋保の由来は、平安期からこのあたりを自分の土地としていた「藤原秋保」という人の名からとったものという説、秋の景色がとてもきれいだからという説、また、アイヌ語で滝のことを「アボ」というので秋保を代表する秋保大滝にちなんだとするなど、さまざまな説があります。


  川の全体像
名取川水系は、宮城県のほぼ中央に位置している一級河川で、その水源は宮城・山形県境付近の神室岳(かむろだけ)となっています。蔵王国定公園に含まれる、二口峠(ふたくちとうげ)から秋保(あきう)大滝までの約15kmの間は、姉滝や磐司岩(ばんじいわ)、すだれ滝など、奇勝・景勝があちこちにあります。 秋保大滝は日本三名瀑(ばく)の一つで、名取川の全水量が、55mの高さから、幅6mの滝となって流れ落ちます。

鳴子(なるこ)、飯坂(いいざか)と並ぶ「奥州三名湯」の一つ秋保温泉を通り、その少し下流で、神室岳(かむろだけ)と北蔵王から流れ、仙台の水がめとなっている釜房(かまふさ)ダムをもつ碁石(ごいし)川と、合流します。 さらに下流で「杜(もり)の都・仙台」のシンボルである広瀬川と合流し、名取市閖上(ゆりあげ)で太平洋に注いでいます。

河口部には、豊かな自然を残す井土浦(いどうら)と、藩政時代に作られた約33kmにおよぶ貞山(ていざん)運河が、南北に延びています。 名取川の流域は、仙台市、名取市、川崎町にまたがっていて、その流域面積は939平方km、長さは55km、流域内人口は約43万人です。


  歴史とくらし
縄文〜弥生時代のくらしも見てきた名取川
名取川流域の地層は第3紀以前のもので、200万年以上も前にさかのぼるといわれています。山あいから川が平地へ流れ出るため、背後には森を抱え、名取川が刻んだ段丘や、小高い丘陵が続き、旧石器時代の人にとって、とてもくらしやすい土地だったと思われます。
旧石器時代から縄文時代にかけての遺跡もたくさんみつかっていて、仙台市内にある遺跡の約3分の1、250ヵ所近くが、名取川ぞいにあります。 地底の森ミュージアムのある富沢あたりはかつて湿地帯だったようで、狩猟中心の縄文時代が稲作生活の弥生時代になってから、数多くの水田が作られたようです。富沢遺跡には2万年前の氷河期の森と、数多くの水田など人類の生活跡が発見されています。

河口の閖上浜は、藩政時代に仙台城下の漁港として栄えました。その少し上流の柳生(やなぎう)で作られる柳生和紙は、伊達政宗以来、藩指定の上級の和紙、奉書紙「御用和紙」として、武士社会の公式文書の紙として使われてきました。現在ではただ一軒でしか作られていませんが、地域の柳生小学校などでは卒業証書に使ったりして、伝統産業の支援活動をしています。

一方、名取川下流地域ではたびたび洪水にみまわれ、1994年9月の台風では、総雨量は仙台で251mmあり、名取・岩沼市では全半壊7戸、床上浸水2,145戸、床下浸水3,139戸の被害が出ました。



  自然と生き物
上流域は山に囲まれているので、ニボンザルやニホンツキノワグマ、ニホンカモシカなど、たくさんの動物がくらせる場所になっています。
鳥類は、名取川沿いやその支流ではカワセミ、ヤマセミが観察されています。名取川頭首工(取水地)あたりでオオヨシキリやセグロセキレイ、広瀬川との合流付近から下流あたりでは、冬にたくさんのカモ類が見られます。 魚類では、上流には清流に住むイワナやヤマメがいます。秋になると、サケがのぼってきます。
植物は、上流の山にはコナラやブナ林、磐司岩あたりにはイワキンバイやヒモカズラなど、県内一の岩壁植物の大群落があります。


  見どころ
○二口渓谷 ○磐司岩 ○秋保大滝 ○磊々峡(らいらいきょう) ○太白山(たいはくさん)


  学びどころ
○地底の森ミュージアム(富沢遺跡)


  遊びどころ
○二口キャンプ場と秋保ビジターセンター ○秋保温泉 ○みちのく公園 ○秋保工芸の里 ○秋保森林スポーツ公園 ○仙台湾サイクリングコース


  資料
○菅野照光編「名取川の探訪」(創栄出版、1990)

その他、次のタイトルのホームページを参考にしました。
○国土交通省仙台工事事務所「名取川・広瀬川ホームページ」 ○仙台市「太白区の自然と遺跡」