トップページ > 名取川の巻 > 中流部(1)/赤石橋あたり

名取川のようすシート【中流部(1)/赤石橋あたり】


  五感で点数をつけると、
おとなの
COD値 3点 土手の緑量 4点 周囲の音 3点 水のにおい 3点 水にはいりやすさ 3点
  こどもの
COD値 3点 土手の緑量 3点 周囲の音 3点 水のにおい 3点 水にはいりやすさ 3点

点数の高い方が、いい評価です。くわしくはこちらへ。

判定の見方
 
  みんなの満足度は?
景色を楽しむ場所としてなら
1
2
3
水とふれ合える場所としてなら
1
2
3
子どもの遊び場としてなら
1
2
3
4
災害時の水の確保や避難場所としてなら
1
2
3
4
4笑顔…満足!
3笑顔…まあまあかな
2笑顔…う〜ん、ちょっと不満
1笑顔…なんとかしなくちゃ!

写真
▲赤石橋。

写真
▲赤石橋あたりで調査中。

写真
▲赤石橋ちかくの川辺。
 
  このスポットは…
川幅が広くなり、浅瀬と淵(ふち)が変化に富んでいる場所。少し下流には堰(せき)や魚道(ぎょどう)があります。
河原は石がごろごろしていますが、広く、芋煮(いもに)やバーべキューをする人々でにぎわっていました。子どもたちは魚探しや石拾い、石なげをして遊ぶのに夢中。川の中の石をひっくり返すと川虫が見られ、メダカも泳いでいました。
道路のすぐそばで、視界が開けているので、近づきやすい水辺です。
この水辺を汚さないように心がけて利用し、これ以上開発が進まないように、みんなで見守っていきたいスポットの一つです。



  行った人の感想
●水辺に近寄れない川が多い中で、水遊びができる。この周辺は子どもたちをぜひ誘いたいポイント。「汚い・危ない」と、水辺から子どもたちをどんどん遠ざけてきてしまったが、これからは水に親しめる空間を、イベントを、地域でどんどんしかけていけないかなと思う。「水を大切にしよう、汚すまい」はそうした積み重ねの中で声が大きくなると思う。
●石に少しドロ・コケがついていて小魚がいたり、いろんな魚や水生生物がいそうなところでした。
●バクテリアの活動も活発で川の臭いも少しついてきました。メダカを見つけたのは少し驚きです。
●いも煮会の人がいました。今まであまり気にしなかったのですが、楽しんで食べるだけで終わらない、水を汚さないで帰る心得をしっかり持ちたいと思いました。


  アクセス
宮城交通バスで秋保温泉行き下車。

判定の見方  判定は、COD値以外は、観察した人の感じたことです。五角形のレーダーチャートは、角が外にある方(点数が高い方)が、いい状態をさしています。だから、大きくて整った五角形になればなるほど、いろんな面で川が健康といえます。
おとなとこども、季節によっても評価は変わります。あなたなら、何点つけますか?
COD値(味覚)
(川の水に十分な酸素があるかどうかを表しています)
4点=Oppm 3点=1〜5ppm 2点=6〜10ppm 1点=11ppm以上
土手の緑量(視覚) 4点=中・高木あり 3点=低木・草あり 2点=草がまばら 1点=コンクリートなど
周囲の音(聴覚) 4点=自然の音 3点=やや自然の音 2点=やや人工的な音 1点=人工的な音
水のにおい(臭覚) 4点=不快なにおいがしない 3点=少し感じる 2点= 若干臭う 1点=強く臭う
水にはいりやすさ(触覚) 4点=泳げる 3点=足まで入れる 2点=足を入れるのが難しい 1点=水汲みのみ