トップページ > 白石川の巻 > 源流部/鏡清水

白石川のようすシート【源流部/鏡清水】


  五感で点数をつけると、
おとなの
COD値 4点 土手の緑量 4点 周囲の音 4点 水のにおい 4点 水にはいりやすさ 1点
  こどもの

点数の高い方が、いい評価です。くわしくはこちらへ。

判定の見方
 
  みんなの満足度は?
景色を楽しむ場所としてなら
1
2
3
4
水とふれ合える場所としてなら
1
2
3
4
子どもの遊び場としてなら
1
2
3
災害時の水の確保や避難場所としてなら
1
4笑顔…満足!
3笑顔…まあまあかな
2笑顔…う〜ん、ちょっと不満
1笑顔…なんとかしなくちゃ!

写真
▲鏡清水。顔をうつしてみよう!
 
  このスポットは…
宮城県と山形県境、金山峠(かなやまとうげ)は、旧羽州街道の峠。峠の宮城県側に、白石川の水源地、鏡清水(かがみしみず)があります。ここから新鮮な水が、四季を問わず、絶えることなくわき出ています。 「鏡清水」といわれる由来は、昔、あるお姫様が峠を通る時に、この清水を鏡のかわりにして姿をうつしたことからとされているそうです。由来のとおりに水は澄んでいて、底がはっきりと見えます。
山里らしいのどかな風景が広がっている沿道には、六地蔵や、殿様や要人が宿泊したという、切妻(きりづま)破風(はふ)造りの安藤家本陣、秋田藩の殿様が病に倒れた村娘の供養に建立(こんりゅう)した振袖地蔵など、旧街道の面影を伝えるものが数多く残っています。
振袖地蔵は関(せき)宿の西向きに立つお地蔵様と恋仲で、東向きに立つ振袖地蔵の向きを変えると、いつのまにか元に戻ってしまうというような伝説も語りつがれています。



  行った人の感想
●水を飲めるようになっているが、町教委では水質検査をしていない。役場によって 検査をするよう要請しました。(Y)


  アクセス
東北自動車道をご利用の場合、白石ICで降り、国道4号を南下し国道113号へ合流し山形方面へ直進。上山七ヶ宿線へ入る。

判定の見方  判定は、COD値以外は、観察した人の感じたことです。五角形のレーダーチャートは、角が外にある方(点数が高い方)が、いい状態をさしています。だから、大きくて整った五角形になればなるほど、いろんな面で川が健康といえます。
おとなとこども、季節によっても評価は変わります。あなたなら、何点つけますか?
COD値(味覚)
(川の水に十分な酸素があるかどうかを表しています)
4点=Oppm 3点=1〜5ppm 2点=6〜10ppm 1点=11ppm以上
土手の緑量(視覚) 4点=中・高木あり 3点=低木・草あり 2点=草がまばら 1点=コンクリートなど
周囲の音(聴覚) 4点=自然の音 3点=やや自然の音 2点=やや人工的な音 1点=人工的な音
水のにおい(臭覚) 4点=不快なにおいがしない 3点=少し感じる 2点= 若干臭う 1点=強く臭う
水にはいりやすさ(触覚) 4点=泳げる 3点=足まで入れる 2点=足を入れるのが難しい 1点=水汲みのみ