トップページ > 白石川の巻 > 上流部(1)/滑津大滝

白石川のようすシート【上流部(1)/滑津(なめつ)大滝】


  五感で点数をつけると、
おとなの
COD値 3点 土手の緑量 4点 周囲の音 4点 水のにおい 4点 水にはいりやすさ 4点
  こどもの

点数の高い方が、いい評価です。くわしくはこちらへ。

判定の見方
 
  みんなの満足度は?
景色を楽しむ場所としてなら
1
2
3
4
水とふれ合える場所としてなら
1
2
3
4
子どもの遊び場としてなら
1
2
3
4
災害時の水の確保や避難場所としてなら
1
2
3
 
4笑顔…満足!
3笑顔…まあまあかな
2笑顔…う〜ん、ちょっと不満
1笑顔…なんとかしなくちゃ!

写真
▲七ヶ宿の名所、滑津大滝。

写真
▲思わず水遊びがしたくなります。

写真
▲幻の湖といわれている、長老湖。 七ヶ宿ダムに入る手前から北に延びる支流・横川にあります。
 
  このスポットは…
滑津大滝は、高さ約10m、幅約30mの滝。2段になっているため、「二階滝」とも呼ばれています。 散策道からながめる滝は、川幅いっぱいに流れ落ちる水音と激しい水しぶきに、圧倒されます。滝の横には階段があり、豪快な滝を、違った角度から見ることもできます。 新緑、紅葉の季節は特に美しく、イワナやヤマメを釣りに、多くの釣り人も訪れます。 滝つぼ以外は、かかとぐらいの深さで、流れも緩やかなため、親子でいっしょに水遊びを楽しめる場所です。
農林産物などを売っている「旬の市七ヶ宿」では、地元で生産された野菜や果物、植物などが販売され、併設されたレストランでは乙女ゆりソフトクリームなど地元の素材をいかしたメニューが味わえます。



  アクセス
東北自動車道を利用の場合、白石I.Cで降り、国道4号を南下し国道113号へ合流し山形方面へ直進。仙台から約69km(内自動車道33km)。

判定の見方  判定は、COD値以外は、観察した人の感じたことです。五角形のレーダーチャートは、角が外にある方(点数が高い方)が、いい状態をさしています。だから、大きくて整った五角形になればなるほど、いろんな面で川が健康といえます。
おとなとこども、季節によっても評価は変わります。あなたなら、何点つけますか?
COD値(味覚)
(川の水に十分な酸素があるかどうかを表しています)
4点=Oppm 3点=1〜5ppm 2点=6〜10ppm 1点=11ppm以上
土手の緑量(視覚) 4点=中・高木あり 3点=低木・草あり 2点=草がまばら 1点=コンクリートなど
周囲の音(聴覚) 4点=自然の音 3点=やや自然の音 2点=やや人工的な音 1点=人工的な音
水のにおい(臭覚) 4点=不快なにおいがしない 3点=少し感じる 2点= 若干臭う 1点=強く臭う
水にはいりやすさ(触覚) 4点=泳げる 3点=足まで入れる 2点=足を入れるのが難しい 1点=水汲みのみ