トップページ > 梅田川の巻 > 源流部/女子商の森

梅田川のようすシート【源流部/女子商の森】


  五感で点数をつけると、
おとなの
COD値 3点 土手の緑量 4点 周囲の音 4点 水のにおい 3点 水にはいりやすさ 3点
  こどもの
COD値 2点 土手の緑量 2点 周囲の音 2点 水のにおい 4点 水にはいりやすさ 3点

点数の高い方が、いい評価です。くわしくはこちらへ。

判定の見方
 
  みんなの満足度は?
景色を楽しむ場所としてなら
1
2
3
4
水とふれ合える場所としてなら
1
2
3
子どもの遊び場としてなら
1
2
3
災害時の水の確保や避難場所としてなら
1
 
4笑顔…満足!
3笑顔…まあまあかな
2笑顔…う〜ん、ちょっと不満
1笑顔…なんとかしなくちゃ!

写真
▲女子商の森の滝。

写真
▲国見の弁財天。測定地点。

写真
▲女子商の森。貝ヶ森橋上流。
 
  このスポットは…
梅田川のはるか頭上にかかる貝ヶ森橋(かいがもりばし)。その上流は仙台女子商高校の敷地で、小さな森になっています。
下流では想像もできないことですが、渓谷や滝があります。今の梅田川の水は、この森に支えられているようです。
江戸時代は、台原(だいのはら)のあたりまで、お殿様の狩場(かりば)となっていた山です。おとめ山と言われて、一般の人は踏み込むことができず、飢饉(ききん)の時だけ山の幸を採ることを許されたそうです。
今では周囲がどんどん開発され、アスファルトやコンクリートで固められているため、水が地中にしみこむ余地がありません。水量を増やすために、天水桶(てんすいおけ)を設置する運動がさかんに行われています。
梅田川の水源は、ここより上流の国見の弁財天やうどう沼ですが、外から見えないようになっているので、ここがはっきりつながったようすが見られる最上流部です。



  行った人の感想
●梅田川の源流をさがしてさかのぼりました。源流は高校の中にあるとのことで立ち入りはできず、貝ヶ森橋が採水できる最上流でした。
なお、住宅造成で地形が変わってしまう前の源流は今の桜の水辺公園あたりとのことでした。「川のはじまり」をこの目で見てみたかった。
普通、源流はとんでもない山奥にあり、簡単には見られないが、ここは立入禁止でさえなければ、子どもたちにも見せてやれる立地なので残念。(I)
●魚などがいっぱいいて十分遊べる。(S)


  アクセス
バス女子商前下車。
※女子商敷地内のスポットに入るときは、事前に女子商事務室への電話予約が必要です。

判定の見方  判定は、COD値以外は、観察した人の感じたことです。五角形のレーダーチャートは、角が外にある方(点数が高い方)が、いい状態をさしています。だから、大きくて整った五角形になればなるほど、いろんな面で川が健康といえます。
おとなとこども、季節によっても評価は変わります。あなたなら、何点つけますか?
COD値(味覚)
(川の水に十分な酸素があるかどうかを表しています)
4点=Oppm 3点=1〜5ppm 2点=6〜10ppm 1点=11ppm以上
土手の緑量(視覚) 4点=中・高木あり 3点=低木・草あり 2点=草がまばら 1点=コンクリートなど
周囲の音(聴覚) 4点=自然の音 3点=やや自然の音 2点=やや人工的な音 1点=人工的な音
水のにおい(臭覚) 4点=不快なにおいがしない 3点=少し感じる 2点= 若干臭う 1点=強く臭う
水にはいりやすさ(触覚) 4点=泳げる 3点=足まで入れる 2点=足を入れるのが難しい 1点=水汲みのみ