トップページ > 梅田川の巻 > 中流部(1)/北仙台駅あたり

梅田川のようすシート【中流部(1)/北仙台駅あたり】


  五感で点数をつけると、
おとなの
COD値 2点 土手の緑量 3点 周囲の音 2点 水のにおい 3点 水にはいりやすさ 3点
  こどもの
COD値 2点 土手の緑量 3点 周囲の音 2点 水のにおい 4点 水にはいりやすさ 3点

点数の高い方が、いい評価です。くわしくはこちらへ。

判定の見方
 
  みんなの満足度は?
景色を楽しむ場所としてなら
1
2
水とふれ合える場所としてなら
1
2
子どもの遊び場としてなら
1
2
災害時の水の確保や避難場所としてなら
1
2
3
4笑顔…満足!
3笑顔…まあまあかな
2笑顔…う〜ん、ちょっと不満
1笑顔…なんとかしなくちゃ!

写真
▲青葉体育館裏の緑地。

写真
▲ザリガニ、カワニナがたくさんいます。

写真
▲緑地公園から上流へ。住宅にはさまれ、かくれるように流れています。
 
  このスポットは…
近くの保育園児も遊べるようなおだやかな場所です。
遊具などはありませんが、小さな流れで楽しめます。最近整備され、生き物も豊富なようです。
ここの上流、あけぼの町に仙台川放水路があります。大雨の時は、仙台川から、より多くの水を流すことのできる七北田川に水を送ります。
昭和61年8月5日には、北六地区で浸水がおきました。



  行った人の感想
●梅田川は部分的に水辺に近づけるよう配慮されているが、川ぞいに散策できるようになっていない。少なくとも1km程度は連続して歩けるような散策路がほしい。(H)
●このような調査は、水環境を守るためにとても大切なことと思います。できれば、年4回(春夏秋冬)実施してはいかがでしょうか。(H)
●川幅2mほどの川ですが、たくさんの生き物がいるのですね。緑地もあるので、もっと多くの人が利用したいと思える場所になるといいと思います。緑地の対岸の景観がよくなれば、もっとステキないこいの場になるのでしょう。(S)
●向こう岸に草をかって道を作ったほうがいいと思う。(S)
●このままでいい。(N)
●ここではじゅうぶんあそべる。(S)



  アクセス
JR仙山線北仙台駅から徒歩3分。

判定の見方  判定は、COD値以外は、観察した人の感じたことです。五角形のレーダーチャートは、角が外にある方(点数が高い方)が、いい状態をさしています。だから、大きくて整った五角形になればなるほど、いろんな面で川が健康といえます。
おとなとこども、季節によっても評価は変わります。あなたなら、何点つけますか?
COD値(味覚)
(川の水に十分な酸素があるかどうかを表しています)
4点=Oppm 3点=1〜5ppm 2点=6〜10ppm 1点=11ppm以上
土手の緑量(視覚) 4点=中・高木あり 3点=低木・草あり 2点=草がまばら 1点=コンクリートなど
周囲の音(聴覚) 4点=自然の音 3点=やや自然の音 2点=やや人工的な音 1点=人工的な音
水のにおい(臭覚) 4点=不快なにおいがしない 3点=少し感じる 2点= 若干臭う 1点=強く臭う
水にはいりやすさ(触覚) 4点=泳げる 3点=足まで入れる 2点=足を入れるのが難しい 1点=水汲みのみ