トップページ > 梅田川の巻 > 中流部(2)/梅田川庭苑

梅田川のようすシート【中流部(2)/梅田川庭苑】


  五感で点数をつけると、
おとなの
COD値 2点 土手の緑量 3点 周囲の音 3点 水のにおい 4点 水にはいりやすさ 3点
  こどもの

点数の高い方が、いい評価です。くわしくはこちらへ。

判定の見方
 
  みんなの満足度は?
景色を楽しむ場所としてなら
1
2
3
水とふれ合える場所としてなら
1
2
3
子どもの遊び場としてなら
1
2
3
災害時の水の確保や避難場所としてなら
1
2
3
4笑顔…満足!
3笑顔…まあまあかな
2笑顔…う〜ん、ちょっと不満
1笑顔…なんとかしなくちゃ!

写真
▲苦竹(にがたけ)・梅田川庭苑(ていえん)。たくさんの子どもたちが遊びます。
 
  このスポットは…
このポイントは、梅田川浄化活動のシンボルです。長く工事が続いていましたが、再び遊べるようになったようです。例年、ここで地域のお祭りをしていました。
この下流で支流の藤川と合流します。ふだんは水量が少なくカモがたくさんいますが、いったん大雨になるとひどく増水し、おだやかだった表情が一変します。都市の川のこわさを思い知らされます。
新田大橋から下流は、川つりや魚とりを楽しむ人がチラホラ見られます。梅田川のつりには 漁りょう券が必要ないようです。



  行った人の感想
●せっかく川があるのだから、水に親しめる環境を作ってほしい。生活排水だと思われる泡があり、とても残念だった。以前は川の土手に公園があったようだ。今は工事中になっているが、子どもたちが安心して水辺で遊べる公園を作ってほしい。(N)
●もっと水をきれいにして、がけのようなところを平らにすると、あそべるようになる。(N)



  アクセス
JR仙石線苦竹駅から徒歩10分。

判定の見方  判定は、COD値以外は、観察した人の感じたことです。五角形のレーダーチャートは、角が外にある方(点数が高い方)が、いい状態をさしています。だから、大きくて整った五角形になればなるほど、いろんな面で川が健康といえます。
おとなとこども、季節によっても評価は変わります。あなたなら、何点つけますか?
COD値(味覚)
(川の水に十分な酸素があるかどうかを表しています)
4点=Oppm 3点=1〜5ppm 2点=6〜10ppm 1点=11ppm以上
土手の緑量(視覚) 4点=中・高木あり 3点=低木・草あり 2点=草がまばら 1点=コンクリートなど
周囲の音(聴覚) 4点=自然の音 3点=やや自然の音 2点=やや人工的な音 1点=人工的な音
水のにおい(臭覚) 4点=不快なにおいがしない 3点=少し感じる 2点= 若干臭う 1点=強く臭う
水にはいりやすさ(触覚) 4点=泳げる 3点=足まで入れる 2点=足を入れるのが難しい 1点=水汲みのみ