トップページ > 梅田川の巻

梅田川の巻
梅田川マップ 源流部/女子商の森 上流部/荒巻橋 上流部/荒巻橋 中流部(1)/北仙台駅 中流部(2)/梅田川庭苑 中流部(2)/梅田川庭苑 下流部/扇町橋 下流部/扇町橋 中流部(1)/北仙台駅 源流部/女子商の森  
川の名前の由来>>
川の全体像>>
歴史とくらし>>
自然と生き物>>
見どころ>>
学びどころ>>
遊びどころ>>
資料>>


 左の地図の中のかじたろうをクリックすると、その調査ポイントのページに行きます!

写真
▲国見の弁財天。

写真
▲女子商の森。貝ヶ森橋上流。

写真
▲仙岳院。

写真
▲東照宮。

写真
▲新山手橋、上流方向。

写真
▲青葉体育館裏の水辺。

写真
▲福田新橋下流。まもなく七北田川と合流します。
 
  川の名前の由来
梅田川中流にある堤町(つつみちょう)の天神社の梅の花からついたという説、あるいは、田を埋(う)めて作られた「埋田」からついたという説があります。
かつては、地域によって平渡戸川(ひらわたどがわ)・藤川・平田川などと呼ばれていましたが、江戸時代末期ごろから梅田川と統一して呼ばれるようになったようです。
また、北六番丁通りの桜並木がみごとだった四ツ谷用水(よつやようすい)は、別名桜川と呼ばれていました。梅田川・藤川とならんで花の名前でまとめています。


  川の全体像
流域面積28平方km、長さ15kmの七北田川水系の小さな2級河川で、仙台の街なかを流れています。
新堤沼(しんつつみぬま)・与兵衛沼(よへいぬま)をかかえた藤川、大堤沼をかかえた高野川が支流にあります。
小田原田んぼが広がっていたころは、水を確保するため、大小たくさんのため池があり、広瀬川から四ツ谷用水を通して水を引いていました。


  歴史とくらし
伊達政宗が、郷六(ごうろく)村の広瀬川に四ツ谷堰(よつやぜき)を作り、そこから水を梅田川に引きました。
庶民の生活・防火・農業に用いられた四ツ谷用水は、最終的に梅田川に注ぎ、川の水量確保に役だっていました。
また、仙台城下に物資を送るために、御舟入り堀・御舟引き堀・木流し堀が設けられました。鶴巻から現在の自衛隊のところまで堀を引いて、荷をのせた船の両側を人がひいて歩いたようです。
1934年から四ッ谷用水は暗渠(あんきょ)化(=地下に設けたりおおいをして、外からは見えなくすること)され、1958年からは下水道工事もされましたが、梅田川の汚濁は長く続いていました。
そこで、地域住民による浄化活動が昭和40年代以前から行われるようになり、1970年代に入ってから水質のBODは10mg分のl以下となりました。
この活動の成果は、テレビで紹介されたり、「美しい町づくり全国コンクール」で表彰されたりしました。
さらに1995年からはリフレッシュ梅田川事業を開始。環境の啓発(けいはつ)事業や学習(梅田川お宝マップなど)が行われ、ウィスキーだるを利用した天水桶(てんすいおけ=防火用に雨水をたくわえておく桶)で川の水を確保するなどの運動がさかんになりました。

※BOD(ビーオーディー)=生物化学的酸素要求量の略。微生物の働きによって水中の有機物が分解されるときに消費される、酸素の量。

  自然と生き物
魚類では、メダカ・ギバチ・ナマズ・キンブナ・ウナギ・トウヨシノボリ・アブラハヤ・アユ・ウグイ・タイリクバラタナゴ・カマツカ・ウキゴリ・ヌマチチブ・タモロコ・ニゴイ・ドジョウ・オイカワ・モツゴ・ゲンゴロウブナ・ギンブナ・コイ。
河口近くでは、マルタ・サケ・ボラ・ヌマガレイ。
新田大橋より下流では、釣り人やしかけで遊ぶ人を見かけます。七北田川と合流するまでは、ふつうはそれほど深さがないので遊びやすいようです。
浄化活動の成果か、1994年には国道4号線バイパス下流あたりで、下降海型のイトヨが発見されたこともあります。
昆虫では、ハグロトンボ・アメンボ・カトンボなど。
鳥類では、カルガモ・カラス・コサギ・セキレイ・カワセミ・ヒヨドリ・トビ・カッコウなど。
植物では、キクイモ・クズ・オニグルミなど。


  見どころ
青葉区:○臨済院(国見の弁財天) ○うどう沼、桜の水辺公園(国見ヶ丘調整池) ○枯木橋 ○北山五山(京都五山にならって、仙台開府の時、光明寺・東昌寺・覚範寺・資福寺・満勝寺が建立されました。東昌寺のマルミガヤ(国指定天然記念物)や資福寺のハクモクレン(仙台市保存樹木指定)、覚範寺のヒヨクヒバ、光明寺のオオバボダイジュが有名) ○仙台川放水路 ○杉下堰 ○東照宮・仙岳院

宮城野区:○工業用水場 ○JR大梶操車場 ○苦竹(にがたけ)のイチョウ(宮城野区銀杏町の国立仙台病院東側に樹齢1200年のイチョウの巨木があります。気根(きこん=地上に出た根)が乳房のようなので、別名「乳イチョウ」とも呼ばれ、国の天然記念物に指定されました(大正15年)。この木にちなんで、町名が「苦竹」から「銀杏町」に変わりました)


  学びどころ
○仙台市科学館 ○仙台メディアテーク(市民図書館) ○仙台市環境学習コーナー(仙台市役所内) ○榴ヶ岡図書館 ○宮城野図書館


  遊びどころ
青葉区:○貝ヶ森中央公園 ○荒巻橋下流の水辺(遊歩道があり川に下りられます。ザリガニやウグイの姿が見られます) ○青葉体育館裏の水辺 ○宮町5丁目の水辺(梅田橋・東照宮前橋の間。川に下りられます。カモやコサギ、セキレイがつどっています) ○中江南公園(水辺の公園、昆虫採集ができます)

宮城野区:○梅田川庭苑 ○サイクリングロード(宮城野区役所から川ぞいの下流にあります。七北田川につながっています)

梅田川の支流藤川:○ホタルの里(藤川の最上流にある新堤沼から流れる小川とは別に、ホタルを保護するためにあります) ○与兵衛沼(仙台藩士鈴木与兵衛が作ったかんがい用の沼です) ○交路木橋(宮城野図書館のそばにあります。東仙台5丁目側(左岸)には東屋・ベンチがあり、小さな公園もあります。川に下りることができますが、川下200mあたりに深い所があるので注意が必要です)

高野川:○燕沢(つばめさわ)公園(児童公園で、高野川に下りる階段もついています) ○大堤沼


  資料
○佐藤昭典「梅田川を行く 前編(河川編)」 ○青葉区地元学研究委員会 「梅田川」(新しい杜の都づくり青葉区協議会1997年) ○仙台市青葉区保健福祉センター衛生課「梅田川のほとり青葉区編」(2002年) ○東部地区梅田河川環境浄化推進協議会「梅田川の水辺」(仙台市宮城野保健所1991年)および「梅田川の水辺2」(1992年) ○仙台市健康増進センター「ウォーキングマップINせんだい」(仙台地図の店1996年) ○仙台市環境局環境部環境計画課「環境学習ガイド2000年版」

その他、次のタイトルのホームページを参考にしました。
○私たちの中山 梅田川マップ ○梅田川あっちこっち
源流部/女子商の森 上流部/荒巻橋 上流部/荒巻橋 中流部(1)/北仙台駅あたり 中流部(2)/梅田川庭苑 中流部(2)/梅田川庭苑 下流部/扇町橋 下流部/扇町橋 中流部(1)/北仙台駅あたり 源流部/女子商の森