トップページ > 吉田川の巻 > 支流/高城(たかぎ)川

吉田川のようすシート【支流/高城(たかぎ)川】


  五感で点数をつけると、
おとなの
COD値 2点 土手の緑量 3点 周囲の音 2点 水のにおい 3点 水にはいりやすさ 2点
  こどもの

点数の高い方が、いい評価です。くわしくはこちらへ。

判定の見方
 
  みんなの満足度は?
景色を楽しむ場所としてなら
1
2
水とふれ合える場所としてなら
1
2
子どもの遊び場としてなら
1
2
災害時の水の確保や避難場所としてなら
1
2
4笑顔…満足!
3笑顔…まあまあかな
2笑顔…う〜ん、ちょっと不満
1笑顔…なんとかしなくちゃ!

写真
▲高城川下流。ずーっと先に幡谷サイフォンがあるんだよ。東北本線松島駅は向かって左奥。右側に役場やみやぎ生協の店があります。散歩、ジョギング、釣り、シジミ採り等が楽しめます。
 
  このスポットは…
吉田川と鳴瀬川にはさまれた品井沼の干拓と水害防止のために江戸時代に掘られた水路がはじまりの人工の川です。
元禄潜穴(げんろくせんけつ)が老朽化(ろうきゅうか)した後は、明治潜穴が掘られました。
鶴田川とつながり、吉田川をサイフォンで縦断しています。今では、人々に親しまれる身近な川になっています。



  行った人の感想
●ボートがたくさん係留しています。採ってきたシジミが食卓をにぎわすほど水質もよくなりました。(H)
●人工の川とは思えないほど川幅が広く水量が多い。流域の人々の身近な川として、存在感のある川でした。(O)


  アクセス
東北本線松島駅から徒歩2〜3分。

判定の見方  判定は、COD値以外は、観察した人の感じたことです。五角形のレーダーチャートは、角が外にある方(点数が高い方)が、いい状態をさしています。だから、大きくて整った五角形になればなるほど、いろんな面で川が健康といえます。
おとなとこども、季節によっても評価は変わります。あなたなら、何点つけますか?
COD値(味覚)
(川の水に十分な酸素があるかどうかを表しています)
4点=Oppm 3点=1〜5ppm 2点=6〜10ppm 1点=11ppm以上
土手の緑量(視覚) 4点=中・高木あり 3点=低木・草あり 2点=草がまばら 1点=コンクリートなど
周囲の音(聴覚) 4点=自然の音 3点=やや自然の音 2点=やや人工的な音 1点=人工的な音
水のにおい(臭覚) 4点=不快なにおいがしない 3点=少し感じる 2点= 若干臭う 1点=強く臭う
水にはいりやすさ(触覚) 4点=泳げる 3点=足まで入れる 2点=足を入れるのが難しい 1点=水汲みのみ