トップページ > 吉田川の巻 > 中流部(2)/品井沼大橋

吉田川のようすシート【中流部(2)/品井沼大橋】


  五感で点数をつけると、
おとなの
COD値 1点 土手の緑量 3点 周囲の音 2点 水のにおい 4点 水にはいりやすさ 3点
  こどもの
COD値 1点 土手の緑量 3点 周囲の音 2点 水のにおい 4点 水にはいりやすさ 2点

点数の高い方が、いい評価です。くわしくはこちらへ。

判定の見方
 
  みんなの満足度は?
景色を楽しむ場所としてなら
1
2
3
4
水とふれ合える場所としてなら
1
2
子どもの遊び場としてなら
1
2
3
災害時の水の確保や避難場所としてなら
1
2
3
4
4笑顔…満足!
3笑顔…まあまあかな
2笑顔…う〜ん、ちょっと不満
1笑顔…なんとかしなくちゃ!

写真
▲品井沼大橋を下りたところ。虫や草花を見つけたり、石投げをしたり、自然と遊べます。

写真
▲下流に向かって

写真
▲明治潜穴公園。三陸自動車松島北ICから鹿島台方面へ2kmのところにある道の駅。この後ろに明治潜穴のトンネルがあります。桜並木がきれいでした。

写真
▲鎌田顕彰碑。品井沼の干拓のため、明治排水路の工事を進めた鎌田三之助は、わらじで町内行脚したので、「わらじ村長」と呼ばれたそうです。
 
  このスポットは…
高城川サイフォンの近くで、ここでは川が細くなっています。
調査した日は、魚の産卵時期で、くぐり穴から明治潜穴(めいじせんけつ)の方へ移動していましたが、いつもはたくさんの魚の姿が見られる場所だそうです。



  行った人の感想
●少々急ではありますが川の近くまで降りていくことができます。土手の草花や水中生物を観察するにはよい場所ではないでしょうか。(S)
●子ども達は、土手の穴や草花、虫、鳥を次々と見つけていました。川幅が狭くなっていますが、水に触れるには注意が必要です。(O)


  アクセス
東北本線品井沼駅近く。

判定の見方  判定は、COD値以外は、観察した人の感じたことです。五角形のレーダーチャートは、角が外にある方(点数が高い方)が、いい状態をさしています。だから、大きくて整った五角形になればなるほど、いろんな面で川が健康といえます。
おとなとこども、季節によっても評価は変わります。あなたなら、何点つけますか?
COD値(味覚)
(川の水に十分な酸素があるかどうかを表しています)
4点=Oppm 3点=1〜5ppm 2点=6〜10ppm 1点=11ppm以上
土手の緑量(視覚) 4点=中・高木あり 3点=低木・草あり 2点=草がまばら 1点=コンクリートなど
周囲の音(聴覚) 4点=自然の音 3点=やや自然の音 2点=やや人工的な音 1点=人工的な音
水のにおい(臭覚) 4点=不快なにおいがしない 3点=少し感じる 2点= 若干臭う 1点=強く臭う
水にはいりやすさ(触覚) 4点=泳げる 3点=足まで入れる 2点=足を入れるのが難しい 1点=水汲みのみ